gitのデフォルトブランチを試した

 2020-7-29 |  2020-7-29 |  1 min read

はじめに

ここ最近、一部の技術用語が聞く人によっては不快な単語となっていることが問題となっています。 git もその用語 master が含まれている 1 つの技術としてあげられており、今回のアップデートで変更できるようになりました。

ちょっと気になったので、実際に変更してみました。

試してみる

最新の git を落としてくる必要があるので、公式の指示に従い、ppa リポジトリを追加してインストールする。

1
2
sudo add-apt-repository ppa:git-core/ppa
sudo apt update; sudo apt install git

アップデートできたら、実際に試す。

fire-wall

ちゃんとgit initした際にmasterではなく、mainに変更されていることが確認できました。

参考


このエントリーをはてなブックマークに追加

comments powered by Disqus

Tags

Hugo | 7 Setting | 5 AWS | 5 git | 5 ci | 3 JavaScript | 3 css | 3 VSCode | 3 intellij | 3 iCloud | 2 command | 2 markdown | 2 書き方 | 2 Route53 | 2 Homebrew | 2 poem | 2 windows | 2 webpack | 2 積本処理 | 2 SpringBoot | 2 keyboard | 2 kaspersky | 2 日本語 | 2 Terminal | 2 github-actions | 2 Extention | 2 技術書典7 | 2 Ubuntu | 1 location | 1 シンボリックリンク | 1 zsh | 1 gradle | 1 revealjs | 1 AR | 1 Amazon RDS | 1 mac | 1 S3 | 1 license | 1 read | 1 DropBox | 1 gcp | 1 port開放 | 1 Marp | 1 document | 1 CloudStorage | 1 Box | 1 Cloud2.0 | 1 git-secrets | 1 security | 1 Game | 1




Archives

2020 (30)
2019 (22)
2017 (1)
2016 (3)